POSシステムがあれば仕事の効率化が図れる

SNSで効果的に誘致を

会議

外国人の情報源

インバウンドとは訪日外国人旅行者の意味で使用されています。厳密に言えば旅行や仕事問わず、日本に入国する外国人を指します。海外からの利用者という事には変わりないので、日本人以外の消費者として企業の需要に繋がると期待されています。日本国内の内需は低下している中で、インバウンド市場は成長を続けています。海外の人は日本の文化や商品に広く興味を持っているので、集客を効果的に行えるかが鍵となります。外国人に対して効果的なツールはSNSです。・何故SNSが効果的なのか日本観光庁の調査では、旅行の情報源はガイドブックより個人のブログやSNSが多くなっています。インターネット上の口コミを情報源にしているので、それに応じた対策が集客の鍵になります。インバウンドビジネスや観光客誘致の為、SNS運用が必須になっています。しかしホームページ作成しても外国語で作成しなければ、伝える事ができないと考える人も多いです。しかし、Instagramを活用する事で、効果的なインバウンド集客が可能になります。Instagramは全世界でユーザー数が5億人を越えています。外国語が不要の写真だけでアピールが可能になります。写真を見た外国人が訪れて、口コミを発信してくれる事に繋がります。インバウンド対策としてSNSを活用する事は今や必須になっています。勿論良い口コミを拡散してくれる為には、訪れた外国人に来て良かったと感じてもらえる対応も必要になります。