POSシステムがあれば仕事の効率化が図れる

代行サービスの流れを知る

オフィス

商品購入から到着まで

中国輸入代行は、中国で商品の買い付けをしてそれを日本で転売する人に利用されています。なぜ中国で商品を購入するのかは、中国の方が安く販売されているからです。安く仕入れて転売できるメリットがあるので、中国からの仕入れが人気となっています。この中国輸入代行を利用すれば、中国語ができなくても代行業者が代わりに中国語で仕入れ先と対応してくれます。わざわざ中国語を勉強しなくても済むので、簡単に中国からの仕入れが実現できます。ちなみに、代行業者は日本語と中国語ができるスタッフが行なってくれるため、安心して依頼ができます。中国輸入で気に入った商品を見つけたら、まずは代行業者を見つけて見積もり依頼をします。代行業者はネットで検索をすれば大手のところから出てくるので、探しやすくもあります。依頼された業者側は、その商品の仕入れ先に在庫状況の確認や値引き交渉を行ったうえで見積もりを提出してくれます。見積もり内容に納得できれば、代行業者へお金を支払います。そして、代行業者が仕入れ先から商品を購入していき、注文を受けた仕入れ先は代行業者へ商品を送ります。届いた商品を代行業者が検品をしていき、問題なければ依頼者に送ってくれます。代行業者は、仕入れ先と依頼者との間に入ってくれる仲介役となり、商品は代行業者の到着をはさんで再び依頼者へと送られるという内容となります。中国輸入代行の流れは簡単なように見えて、業者次第で難しくなってしまう場合もあります。そのため、中国輸入代行を検討する場合は、評判のいい代行業者を選んでいかなければいけません。